株主優待制度

保険マンモス みつばち保険ファーム

来店型保険相談ショップとFP派遣型サービスとの違いって何?体験してみました。


★保険の勉強、ちゃんとしよう★
保険ナビ 自宅で無料の保険相談をする

重粒子線治療ってなんでしょう?

重粒子線治療はガンの治療方法のひとつ。正常な細胞にダメージを与えることなく病巣を狙い撃ちにすることが出来る放射線治療として注目されます。

WikiPediaでは・・・

重粒子線がん治療(じゅうりゅうしせんがんちりょう、heavy ion radiotherapy)とは、がん病巣をピンポイントで狙いうちし、がん病巣にダメージを十分与えながら、正常細胞へのダメージを最小限に抑えることが可能とされる放射線を用いた最先端の治療法。(by Wikipedia)

という説明でした。

効果はあるが、設備が高いので国内でこの治療ができるのは3個所だけ

重粒子線の治療に必要な医療機器を設置するには約120億円の費用がかかっているそうです。このことがこの治療法の普及を妨げています。

平成25年5月現在、国内でこの重粒子線治療を受けることができる病院は国内に3個所です。

  1. 千葉県 独立行政法人放射線医学総合研究所・重粒子医科学センター病院
  2. 兵庫県 兵庫県立粒子線医療センター
  3. 群馬県 国立大学法人群馬大学医学部附属病院

すべてのガンに適応できるわけではない

重粒子線治療は副作用の少ない治療方法として注目されていますが、全てのガンに対して行うことができる治療方法ではありません。以下のような条件があります。

  • 病巣(がん)が広範囲でないこと
  • 治療対象部位に、放射線治療を受けていない
  • 原則として腫瘍の最大径が15cmをこえない
  • 病理診断がついていること
  • 安静な状態で横になっていられること(30分程度)
  • 広範囲に転移がないこと

基本的に先進医療は、治療法そのものが研究段階にあります。今のところ重粒子線治療は「固形がん」(脳腫瘍、頭頚部腫瘍、肺癌、肝臓癌、膵臓癌、子宮癌、直腸癌、前立腺癌、骨・軟部腫瘍、眼球腫瘍など)は治療の対象になっていますが、血液のがんは対象になっていません。でもそれも流動的であるということです。

 

法律ではどうなっている?

医療には健康保険で賄える「保険診療」と、保険で認められていない医療技術を使う(未認可の薬を投与するなど)「自由診療」があります。法律では、治療行為に「自由診療」を採用した時点で、本来であれば保険診療であるはずのものも自由診療とみなされてしまい、保険適応外になってしまいます。

これでは不便だということで、保険診療と自由診療を組み合わせる「混合診療」がみとめられるケースを認定しました。先進医療もこれに含まれます(ほかには歯医者さんでインプラントをいれるなどの例があります)。

具体的には、健康保険等の一部を改正する法律(平成18年)で、「厚生労働大臣が定める高度の医療烏技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」として先進医療が位置づけられています。

わかりにくい説明ですが、要は、「新しい医療技術だけど健康保健がきく、保険診療にするかどうか、現在評価中の医療行為」ということになります。

この医療行為について評価が高まり、一般への普及がふさわしいと半d何されたら「保険診療」になる可能性があるのが先進医療です。

 

保険ナビ 自宅で無料の保険相談をする

自宅でゆっくり保険相談:保険マンモス

保険マンモス

全国に160店舗。近所にもきっとある みつばち保険ファーム

みつばち保険ファーム

自宅近くの保険相談ショップをさがす 保険ナビ

保険ナビ
保険ナビ 自宅で無料の保険相談をする